施設紹介

施設紹介

生活リハビリセンター六三四

生活リハビリセンター六三四では、障害の有無に関わらず、社会的参加を目的にどなたでも気軽に立ち寄りお話しできる、地域でのセンター的な役割を目指す施設です。また、日々の活動であるレザークラフトやリハビリ訓練を通して・楽しみ・自主性の尊重・生きがいの3原則を大切にして日々活動しております。

生活リハビリセンター雅

生活リハビリセンター雅では、より専門性の高い日常生活の支援・創作活動の機会提供、医療ケアをご提供しております。専門職による個別リハビリ訓練やミュージックセラピー等を実施しております。

青粋ケアホーム

主として夜間において、生活相談、入浴、排せつ、食事の介護等、その他の日常生活上の支援を行っております。青粋ケアホームでは各法令に基づいて緊急性を要する場合、六三四・雅両センター及び地域利用者様の夜間支援を自主事業として行っております。

スカイサポートセンター

障害福祉サービス等の利用計画の作成(計画相談支援・障害児相談支援)サービス等利用計画についての相談及び作成などの支援を行い抱える課題の解決や適切なサービス利用に向けて、ケアマネジメント支援を行います。ご相談下さい。

【スカイサポートセンターの由来】
スカイサポートセンターとは、空のように壮大なイマジネーションを抱き活動をしていく。個々人の自由を守り意志を重んじ誠心・誠意・誠実にという意味から命名いたしました。

喜平リハビリテーションクリニック
当法人では、市内医療機関(喜平リハビリテーションクリニック)との医療連携を推進しています。現在、生活リハビリセンター六三四敷地内にて開院しております。
診療科目:リハビリテーション科・内科・神経内科

生活リハビリセンターの由来

生活リハビリセンターの由来
昨今、生活リハビリテーションという言葉を多く耳にしますが、生活リハビリテーションとは、所謂理学療法的、作業療法的リハビリテーションを取り入れるだけではなく、生活の中にあるリハビリテーションを見つけること。自分で出来る事を日常の中で継続して行い、今出来ていることが出来なくなる事を防ぐこと。施設内でも、すべての活動をリハビリテーションと位置づけ、一つ一つすべての動作にメリハリをつけて、日々活動を行っていく。このようなことから、生活リハビリセンターと命名いたしました。

各施設の由来

【六三四(ムサシ)の由来】
東京スカイツリーは、2011年12月に竣工。新しい施設の完成・移転・新法移行がまさに同時期であることにちなんで。そして、東京スカイツリーの高さ634mは開業時点で、世界一の自立塔の高さであることから、「皆様に、必要とされる大切な大きな施設となる」また、東京都小平市より世界へ発信していく事などの想いをこめて六三四と命名いたしました。
【雅(ミヤビ)の由来】
雅とは、将来100年を描き想像してより良い支援に繋いでいく。且つ、どなたに対しても誠心・誠意・誠実の3原則を持って活動をしていく。また、次世代にこの活動を広げて共に、より良い将来100年を築いていこうという意味から命名いたしました。
【青粋(イキ)ケアホームの由来】
 青粋とは、過去100年を重んじて大切にしていく。どんな方にも、過去の歴史歩んできた歴史があり、個々人の尊厳と自立とは、その個々人を重んじる事から全てがはじまると我々は考えております。生活の場、すなわち生活を共にする方も含めて互いに、過去100年を重んじて大切にしていきましょうという意味から命名いたしました。

PAGE TOP